aHrefsのバッチ分析の使い方

ドメイン転生はaHrefsにも対応しています。

aHrefsの機能の1つであるバッチ分析を利用することで、より効率的に当たりドメインを探し出すことが可能ですので是非ご活用ください。

aHrefsのバッチ分析の使い方

aHrefsのバッチ分析の使い方は動画でも紹介しています。

aHrefsでの操作

aHrefsのバッチ分析データを取得するにはaHrefsにログインし、Moreの中にあるBatch analysisをクリックします。

 

検索窓にExpired DomainsやPBN Lab★から抽出したドメインをペーストし、Analyseをクリックします。

 

結果が表示されたら、Exportをクリックします。

 

UTF-16のラジオボタンにチェックを付け、Start Exportをクリックします。

ドメイン転生での操作

ドメイン転生にログインし、aHrefsバッチ分析を開きます。

 

「ここにドロップしてください」と書かれたスペースに、先程aHrefsよりエクスポートしたバッチ分析データをドラッグ・アンド・ドロップします。(複数ファイルもドロップ可能です)

 

自身の中古ドメイン基準を満たしたものだけを精査するために、フィルターを設定します。

フィルターの設定方法は、「<」「>」の記号を用いて半角入力で行います。

例えば、DRが5より大きいドメインを精査したい場合は>5というようにフィルターをかけます。

 

トータルバックリンク数が30,000未満のドメインを精査したい場合は<30000というようにフィルターをかけます。

 

自身のお好みのフィルターをかけ終わったら、ドメインリストにコピペをクリックしてください。

 

ここまでできたら、いよいよドメインの精査です。

ドメイン転生で精査する』の手順で、ドメインを確認していきましょう。

ドメイン転生の使い方+ドメイン精査の流れ
ドメイン転生の使い方は至ってシンプルです。 使い方の説明を見ずとも直感的に操作が行なえますが、より便利に活用していただくためにも一通り使い方に目を通していただくことをおすすめします。 ドメイン転生の使い方 ドメイン転生の使い方は動...
タイトルとURLをコピーしました